店主日記
店主日記

相模大野へ

相模大野に行く。
O矢君の命日だから。
いっしょにM子と駅で待ち合わせ。

また、M子は遅刻。
O矢君とM子は大学時代からの友人。

いま、県立高校の先生している。
わたしとは25年来の友人だ。

いつもO矢君のうちに行くとき、

彼女の乗ってる小田急線が停まるんだ、ふしぎ。

だから30分遅れで到着。

一年ぶりに会う奥さんは元気そうでよかった。
こどもたちもすくすく成長している。

 2年生のぼくは学研に通い九九のおけいこ。

 お寿司をごちそうになる、
なんでこんなにうまいものが世の中にあるのか、
日本の文化を堪能する。

 関さばってどうしてあんなにおいしいの? 

 ちょっとほろ酔いでお線香をあげる。不謹慎だなあ。


 仏壇は2階にある。わたしが素人のお経をあげる。

三回忌の法要をやってないので
ちょうどよかったみたい。


 奥さんもこどもたちもM子も同席。

法華経をすこしかじりお焼香。


 と、ふしぎに身体がかるくなる。
お風呂上りみたい。奥さんもM子も同様に、

とてもすっきり、すがすがしくなっている、という。

「家の空気が軽くなってます」
と奥さんはあたりを見渡す。

 えー。法華経、すごいな。こんなことはじめて。

 O矢君が(43歳で)亡くなってから、

家の電気がかってについたり、電化製品が壊れたり、
こどもを夜叱っていたら、電話が鳴ったり、
(無言電話が鳴ったらしい。

それもナンバーディスプレーにはだれからという表示がでなかったそうだ)


 どうみてもお父さんの存在をしめす信号がでている。

やっぱりO矢君まだいるんだな。

ずいぶん長いこと居座って、

9時ごろおいとま。家族総出でお見送り。


駅までふたりで歩く。

「こどもかわいいね」とM子。
「三人もいるじゃん」
「え、もっと欲しい!」
M子はざんねんながら離婚している。

だからというのではないが、
わたしは彼女を横目でみながら、

「そう、しかたないなあ」